カーペット活用術

体験談から学ぶカーペットの事!

じゅうたんを選ぶ時には

without comments

じゅうたんはインテリアの印象を左右するアイテムの一つです。部分的にじゅうたんを敷くことや、重ねて敷くこと等、目的や好みによって使い分けることが可能です。フローリングタイプのリビングでは、じゅうたんをピッタリ敷き詰めるより、フローリングを残しつつ、ほどよくバランスを取ったサイズが望ましいでしょう。床暖房のカバーになることもあります。和室にじゅうたんを敷く場合には、部屋のサイズに合わせる方が良いでしょう。リビングと和室が隣接している場合にはより足を踏み入れる可能性が高くなるため、畳が痛みやすくなる傾向にあります。入居後すぐにじゅうたんを敷くことによって、畳の劣化を防ぐことに繋がります。子供部屋へじゅうたんを敷く際には、防汚タイプや防水タイプ、撥水加工タイプの部屋にピッタリ合ったサイズを選びましょう。


子供は部屋を汚してしまいがちですが、汚れてもフォローのできる材質を選ぶことがポイントなのです。素材には、天然繊維、化学繊維、ナイロン、アクリル、ポリプロピレン、ウールなどがあります。天然素材には、植物繊維や動物繊維があります。植物体の一部である繊維を採取した植物繊維には、綿や麻などがあります。哺乳動物の体毛や昆虫の繭から採取した動物繊維には、羊毛や絹などがあります。化学繊維は人工的に開発された繊維です。ナイロンは耐久性や耐摩耗性に優れている点が特徴的です。人の往来が激しい場所に使われる傾向にあります。アクリルは、暖かくて柔らかく静電気が比較的起きにくい点が特徴的です。弾力性や保湿性などウールに似た風合いを楽しむことが可能です。ポリプロピレンは丈夫で軽く、湿気を取り込みにくく、汚れが付きづらい点が特徴的です。ウールは自然素材であり断熱効果が高い点が特徴的です。夏は涼しく冬は暖かく過ごせること、湿度を調節する機能を持っている為、サラッと快適であること、水をはじく性質がありシミがつきにくいことなどが考えられます。虫やカビには比較的弱いため防虫加工を行うことが大切です。実際にさわってみると手触りや感触が大きく異なることに気づくのではないでしょうか。


素材によって多種多様なデザインや感触、カラーのバリエーションがあります。一般的にはあまり頻繁に買い換えるアイテムではない為、自分や家族のライフスタイルや価値観に合わせて適していると考えられるじゅうたんをじっくりと選んでみては如何でしょうか。

日本最大級の品揃えのカーペット・カーテン・ラグ・マットをキャンペーンや特典、イベント価格でご提供します。 主に女性がターゲットですが男性もあり 一人暮らしの人もターゲット 都市部の方老人。 すべての商品が送料無料 季節商品が大特価!お部屋に合わせて作れるオーダーカーペット承り中! 当社の強みは、日本最大級の品揃えで、激安・消臭・防音・撥水・輸入品など3000点以上を揃えております。

Written by admin

2月 1st, 2013 at 3:03 am

Posted in